コンテンツへ移動 メニューに移動 下段の情報に移動
正常稼働中 最終更新日 | 07/25 18:35
購入前のご相談

導入事例

デジタルサイネージ広告 – C社

  • サービス

Customer Success story

デジタルマルチメディアシステムの構築にもRemoteViewが使われています。

C社はTFT-LCDでさまざまなマルチメディアコンテンツを大画面に表示する、デジタルインフォメーションディスプレイとデジタルサイネージソリューションサービスを提供するトータルメディア企業です。

01 導入背景


デジタルサイネージは、ポスターや案内表示、看板など既存のアナログ方式から、デジタルディスプレイに置き換えて行う広告です。ネットワークを通じてコンテンツコントロールすることで、よりたくさんの人の注目を集め、効果的な宣伝が可能です。急変するデジタル環境に合わせ、広告に最適なコンテンツを、屋外の巨大スクリーンや駅、ショッピングモールなどさまざまな場所で運営を行うシステム構築のためにRemoteソリューションの導入検討をはじめました。

02 活用方法


従来のデジタルサイネージは入力した情報を単純に伝えるだけのものでしたが、現在ではタッチパネルなど連動して双方向通信が可能になり、新しいコミュニケーション手段としても脚光を浴びています。また、映画館やレストランなど、設置される場所の範囲も広がっています。しかし、デジタルサイネージによる広告にとって、システム障害の発生は致命的です。そこで広告コンテンツが公開される時間帯に機器のモニタリングを行うため、リモートコントロールソリューションRemoteViewを活用しています。

03 導入効果


一般の店舗に設置されたサイネージは専用のメディアプレーヤーが内蔵されていますが、移動人口の多いホットスポットや幹線道路沿いに設置されたサイネージにはそのような機能が無く管理運営が大変でした。そこで屋外看板にRemoteViewエージェントをインストールして、オフィスでリアルタイムに機器ステータスを確認しています。RemoteViewを導入後は広告費用が高い屋外広告の安定した運営が可能になり、広告主の満足度も上昇しました。

関連コンテンツ

チャットボット

利用ガイド

バーチャルデモ