コンテンツへ移動 メニューに移動 下段の情報に移動
無料トライアル

動作環境

PDFでダウンロード

RemoteView 動作環境
区分 遠隔操作する端末
(ビューア)
遠隔操作される端末
(Agent)
PC Windows OS Windows 2012 Server R1、R2
Windows 2016 Server
Windows 2019 Server
Windows 2022 Server
Windows8、8.1
Windows 10 (~21H2)
Windows 11
ブラウザ Google Chrome(最新版を推奨)
Microsoft Edge(最新Chromium版を推奨)
mozilla Firefox (最新版を推奨)
macOS OS*1 macOS 10.14~12.x
ブラウザ Firefox 35 以降
Chrome 40 以降(※Webビューア利用の場合は最新版を推奨)
Safari 9.0 以降(※Webビューア利用の場合はSafari11以降を推奨)
Chromebook OS ChromeOSバージョン80以降
(※Webビューアのみ対応、最新版を推奨)
Linux(beta) OS*2 CentOS 7.0~7.7(64bit)
RHEL 7.0~7.7(64bit)
Ubuntu 14.04LTS~18.04LTS (64bit)
Mobile iOS OS iOS 12.0~15.x
Android Android 6.0~12.x Android 6.0~12.x*3
Language 日/英/韓/中
  • *1 macOSの場合,WindowsPC同士の場合と機能の動作要件が異なります。
    機能比較、機能一覧は以下のファイルをご確認ください。
    RemoteView6.0 PC環境別対応機能一覧表
  • *2 X-Window及びGNOME等のGUI設定が必要です。OpenSSH必須です。(遠隔ターミナル利用時)
    Ubuntuの場合LightDMの利用が必須です。 遠隔制御はWebViewer経由のみで、遠隔ターミナルはWindowsViewerのみです。
  • *3 Android AgentはSamsung社のモバイルデバイスに対応しています。
    Android Agentの制限事項

※制限事項

各OS、ブラウザのサポートポリシーの変更により該当環境を製品サポート対象外に変更する場合があります。
開発社の推奨環境でのご利用をお勧めします。

  • Windows OS(2in1PCを含む)
    • CPU要件: Intel 4Core processor以上を推奨します。(最低Intel Dual Core 2.4GHz)
    • メモリ要件:8GB以上を推奨します。(最低4GB)
    • ネットワーク環境要件:5Mbps以上を推奨します。(最低2Mbps)
    • ブラウザのキャッシュを無効にしている場合、プラグインの再インストールが求められる場合があります。
    • 電源起動はWOL(Wake On LAN)機能に対応しているAgent PCのみ行えます。
      (詳細はMicrosoft社、またはPCメーカーにご確認ください。)
    • Windowsタブレットのタブレットモード、modern UI上では動作しない場合があります。
    • 2in1PCのタッチパネルでのWebページのメニュー表示操作はブラウザによって動作が異なる場合があります。
    • Windows 10においてモバイルアプリからショートカットキーがうまく動作しない場合があります。
    • RemoteViewはクラウドサービスのため、スリープ状態(ネットワーク通信ができない状態)では遠隔接続できません。
    • Windows 8 RT、 Surface RT/Pro X(ARM系プロセッサー製品群)、Windows 10 S はサポート対象外となります。
    • Windows10 IoT Enterpriseはサポート対象外となります。
  • macOS
    • CPU要件: Intel 4Core processor以上を推奨します。(最低Intel Dual Core 2.4GHz)
    • メモリ要件:8GB以上を推奨します。(最低4GB)
    • ネットワーク環境要件:5Mbps以上を推奨します。(最低2Mbps)
    • macOSの省エネルギーモードを有効にすると遠隔接続や遠隔画面操作ができなくなる可能性があります。
    • プラグイン、またはAgentインストールにおいては管理者権限が必要です。
    • macOS10.14以降の環境を制御するためには権限設定を行う必要があります。
    • [macOSが制御される側]ログイン画面で遠隔接続を行いログインすると一旦切断しますが、再度遠隔接続することでご利用頂けます。
    • macOS毎の利用可能な接続方法に関しましては、こちらをご参照ください。
  • Linux
    • CPU要件:Dual Core 2.4GHz 以上を推奨します。
    • メモリ要件:2GB以上を推奨します。
  • モバイル
    • Android端末のCPU要件:1GHz以上
    • ネットワーク環境要件:Wifi環境もしくは、4G環境を推奨します。
    • 外付けキーボードの利用は動作対象外です。
    • Windows mobileの環境には対応していません。
  • webビューア