VDI(仮想デスクトップ)ではなく
RemoteViewを選ぶ4つのポイント

「セキュリティ対策の強化」で導入コストが高いVDI(仮想デスクトップ)を選ばなくても、
RemoteViewを利用することで安全な在宅勤務の環境を構築することができます。
VDIと変わらないセキュリティ環境を実現する
Remoteviewの4つのメリットについてご紹介します。

VDI(仮想デスクトップ)よりも
RemoteViewを選択すべき理由とは?

01低コストで導入できる

RemoteView遠隔制御 VS VDI(仮想デスクトップ) 費用比較

VDI(仮想デスクトップ) RemoteView遠隔制御
初期構築費用 100万円〜 12,000円/年
X100台
X5年
仮想マシン 3,000万円
ストレージ 300万円
OSライセンス 500万円
Officeライセンス 800万円
通信費 100万円〜
メンテナンス・復旧 +α(頻度による)
追加拡張 +α(内容による)
合計 約5,000万円~ 600万円
※DaaSによるVDI環境を100ユーザー・5年間使用することを想定した概算見積もり。別途アプリケーションを利用する場合はアプリケーションコストが必要 ※PC100台を5年間使用することを仮定
VDI(仮想デスクトップ): 5,000万円. RemoteView遠隔制御 : 600万円. 約90% 削減!!

VDI(仮想デスクトップ)の構築を検討する際、多くの方がサーバーとストレージの初期構築費用のみを比較する傾向にあります。しかし、実際にVDIを運用するためには、上の表のようにプログラムのライセンス費用、通信費用、メンテナンス・復旧費用、組織の拡大に伴う追加費用なども考慮しなければなりません。実際に、ユーザーの増加による追加費用の負担が原因で、ソリューションを乗り換える事例も多くあります。一方RemoteViewは、ユーザーが増加しても性能が低下することなく、拡張に伴う追加費用も不要です。RemoteViewはVDIの10分の1の費用で同じ水準のセキュリティを維持しながら、全社的にテレワークを取り組むことができます。

02安心できるセキュリティ構造

RemoteView遠隔制御 VS VDI(仮想デスクトップ) システム構造の比較

VDI(仮想デスクトップ)は、ユーザーが社内ネットワークから分離された仮想サーバーに接続する構造になっているため、内部の情報漏洩や外部からの侵入の防止に効果的です。同様に、RemoteViewが提供する遠隔制御も同じメカニズムで社内ネットワークと分離されているため、実質的にはVDIが提供するセキュリティ構造と同じであるといえます。さらに、RemoteViewの遠隔制御システムは公開プロトコルではなく、非公開の暗号化通信プロキシサーバーを経由するため、Dos攻撃、マルウェア、ウイルスに脆弱なVDIの危険性を克服でき、セキュリティを確保できます。

03便利な管理機能

  • 接続履歴および操作ログの確認
    接続IPアドレス接続日時、接続デバイスなどの情報を簡単に確認できます。
  • ライブビュー
    遠隔制御の開始から終了までを
    リアルタイムでモニタリング
    できます。
  • アクセス制限設定
    特定のバックグラウンドサービスや
    プログラムへのアクセス制限
    、不審な遠隔操作に対してマウス・キーボードの操作をロックすることができます。

在宅勤務の実施にあたり最も心配なのが、システムの管理です。リモートワーク中にVDI(仮想デスクトップ)を使用すると、操作ログしか残らないため、利用履歴を正確に把握することができません。しかし、RemoteView遠隔制御なら簡単に利用履歴を確認して管理することができます。

04利便性

項目 RemoteView VDI
プログラム設定 従来のPCをそのまま使用 毎回環境設定が必要
社内展開 IDとパスワードだけで完了 VDI活用教育が必要
アクセス方法 ブラウザで簡単に接続 特定のIPアドレスでアクセス
トラブル対応 RSUPPORTで対応 別途トラブル対応が必要
専門運用担当者 必要なし 社内に専門運用担当者が必要
構築期間 1時間以内で構築可能 平均6ヵ月 + 検証期間

在宅勤務のためにVDI(仮想デスクトップ)を導入したものの、重要な資料は社内PCにしか保存されていないなんてことも…また、接続するたびに毎回設定変更をしなければならないのは面倒ですよね。このように不便なVDIではなくRemoteViewを選択して、従来のPC環境をそのまま使用しながら「変化のない革新的なワークスタイル」を実現しましょう!
時間のかかる操作方法の教育も、特定のIPアドレスで接続しなければならない煩わしさも、サービス障害に対応する手間も、必要ありません。構築に6カ月以上かかるVDIよりも、在宅勤務の環境を1時間以内で整えられるRemoteViewをご利用ください!

違いが分かりますか?
オフィスと同じ環境でテレワークしましょう。

VDI(仮想デスクトップ)構築後にテレワーク向けの教育を行ったとしても、既存の作業環境と異なる場合が多く、不便さを感じるケースが多々あります。特に、産業用ソフトウェアのような特殊プログラムや重要な文書を扱わなければならない場合、慣れ親しんだ環境で業務をするのとでは、体感的に大きく異なります。だからといって、テレワークのためだけに毎回環境設定を変更すると、業務効率が下がってしまいます。

在宅勤務をスムーズに行うためには、慣れ親しんだ勤務環境をそのまま利用できることが重要です。オフィスにあるデスクトップ用PCは、各種ソフトウェアと環境設定が、日常業務のために最適化されています。そのため、テレワークに使用するすべてのデバイスをオフィスの自席PCと同じ環境にすることができれば、いつでも、どこでも、同じパフォーマンスを出すことができます。RemoteViewの強みは、在宅勤務中でも業務効果を最大限に維持できること。遠隔アクセスツールのRemoteViewを活用して、慣れ親しんだオフィス環境をそのまま維持しながら、テレワークをしましょう。