コンテンツへ移動 メニューに移動 下段の情報に移動
無料トライアル

RemoteView Agentをインストールすれば、誰でも接続先PCに接続できますか。

第三者がRemoteViewのAgentをインストールし、不正にアクセスされるというリスクがあるのではないかと不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

RemoteViewは、遠隔制御を許可するIP/MACアドレスを設定することで、登録されたIP/MACアドレスからのみ遠隔制御することができるようになります。

許可するIP/MACアドレスの設定は「RemoteViewページ」もしくは「Agent PC」で行うことができます。

■ RemoteViewページで設定する方法

  1. RemoteViewページ(rview.com)にログインします。
  2. 「環境設定」>「共通・セキュリティ設定」>「許可IP、MACアドレス設定」で設定します。

    ※適用ユーザー:マネージャー、ユーザーのみ(管理者アカウントには適用されません)
    ※複数のNICを持っているPCの場合、一つのIP/MACアドレスを登録してください。
    ※許可IP設定と許可MACアドレス設定を「全体使用」に設定した場合、Excelファイルで一括登録を行うと、重複しない情報のみがリストに追加されます。

    ※許可MACアドレスを「ユーザー設定」に設定した場合、Excelファイルで一括登録を行うと上書きされてしまいますので、修正を行うときはまずExcelファイル(user-mac-list.xlsx)をダウンロードのうえ修正し、修正済みのファイルをアップロードしてください。

  3. なお、ユーザー毎に個別設定を行う必要があります。
    「ユーザー管理」>設定を行うユーザーアイコンを右クリック>「登録情報」をクリック

    「許可MACアドレス設定」を「使用」に設定してください。

    ※Webログイン後、許可されたIP/MACアドレスのみ遠隔接続できます。

■ Agent PCで設定する方法

※適用ユーザー:すべてのユーザー(管理者アカウントを含む)
※複数のNICを持っているPCの場合、すべてのIP/MACアドレスを登録してください。

  1. Windows画面右下にあるタスクトレイのアイコンを右クリックし、「環境設定」をクリックします。

  2. 下記、画像のように「ネットワーク設定」からIPアドレスを入力し、「セキュリティ設定」からMACアドレスを入力してください。

ヘルプデスクはこちら