ソフトウェアインストール不要、接続するだけで物理的なアクセスが難しい環境にあるPCやサービス機器を制御できるIP KVMソリューション「RemoteViewBOX」。RGB・DVI・DP・MacBookなどのさまざまなポートごとの接続方法についてご紹介します。
コンテンツへ移動 メニューに移動 下段の情報に移動
購入前のご相談

IP KVM「RemoteViewBOX」の簡単!接続方法

  • 活用ヒント

さまざまなのディスプレイポートに対応可能
IP KVM「RemoteViewBOX」の
簡単な接続方法をご紹介

リモート制御・管理が可能なデバイス「RemoteViewBOX」はソフトウェアのインストール不要
接続するだけで物理的なアクセスが難しい環境にあるPCやサービス機器を
モニター・キーボード・マウスなしでも簡単に制御できます。
実はこのIP KVMソリューション「RemoteViewBOX」は基本的にHTMIケーブルのみ接続できる仕様ですが
RGB・DVI・DP・MacBookなどの様々なディスプレイポートにもやり方次第で、問題なく簡単に接続できます!
そこで今日はポートごとの接続方法についてご紹介します。

● 接続デバイスが「RGBポート」の場合

RGBport_remoteviewbox

まず、RGBポートをHTMIに変換するアダプタを準備し、接続する機器にこのアダプタを接続します。
HDMIケーブルをRemoteViewBOXのPCと表示されたポートに差し込み、変換アダプタとRemoteViewBOXの本体をつなぎます。
これにより、RGBポートでもリモートコントロールが可能になります。

● 接続デバイスが「DVIポート」の場合

PCにDVIポートしかない場合は、市販のDVI to HDMIケーブルを用意すればOKです!
DVIポートにケーブルを接続し、RemoteViewBOXのPCと表示された部分にHDMIケーブルを接続します。
このように接続して使用すると、DVIでも簡単にリモートコントロールが可能です。​

● 接続デバイスが「DPポート」の場合

DPポートの場合も、DP-HDMI変換アダプタを準備し、接続する機器のDPポートに接続します。
そしてHDMIケーブルを準備し、このアダプタとRemoteViewBOXのPCと表示された部分にHDMIケーブルを接続すればOKです。​

● 接続デバイスが「MacBook」の場合

MacBook_remoteviewbox_01
MacBook購入時に製品とセットで提供されているHDMI変換ケーブルをMacBook本体に接続します。
そしてHDMIケーブルを準備し、RemoteViewBOXのPCという部分に挿し込みMacBookと接続します。
MacBookでも簡単に利用することができます。​​​
MacBook_remoteviewbox_02

このように、どんなポートでも、接続用のケーブルやアダプタさえあれば
問題なくRemoteViewBOXを接続してすぐに利用することができるのでぜひ参考にしてください。

RemoteViewBOXでより安全かつ便利に
遠隔機器管理・制御をしてみましょう!

✅ソフトウェアのインストールなしで遠隔地機器に接続するだけで簡単に遠隔制御が可能!
✅ネットワークやファイアウォールなどのPC環境の制限を受けず安全に遠隔操作!
✅PCのリソース消費を抑えた4Kの高画質でスムーズかつ快適な操作感!
✅RemoteViewBOXが接続されているPCなら遠隔での電源起動も可能!​​​
how_to_connect_remoteviewbox01

RemoteViewBOXの詳細はこちら

IP KVM
RemoteViewBOX
リモートKVM
接続方法

関連コンテンツ

チャットボット

利用ガイド

バーチャルデモ